あと伸びの芽?

「あと伸びの芽」とは?

0~3・4歳は、運動や感覚、ことばなど、様々な脳の成長の基盤を作る大切な時期です。
これらの基盤には、適切に学習すべき時期(臨界期)があります。

エー★スターキッズでは、この0~3・4歳の脳の臨界期を生かしたカリキュラムで、 などを刺激し、発達を促します。
それにより、お子様が自分に自信を持ち、いろいろな活動で
のびのびと自己を発揮できるようになります。

詳細、幅広い分野でお子様の能力が開花しやすくなることを意識して、
エー★スターキッズでは、上記のような「あと伸びの芽」を育てる環境を提供しています。

臨界期とは、「人間の脳にはその能力を学習できる適切な時期があり、その時期を逃すと、習得するのに、より一層の努力や時間が必要となる」という考え方です。いろいろな脳の発達について、臨界期を見てみましょう。

脳の発達臨界期表

上記から、それぞれの機能により適切な時期は多少異なりますが、0~3・4歳の時期は脳の成長にとって大変重要な時期ということが分かります。このような臨界期の特性を生かしてバランス良く刺激を与えることが出来れば、お子様の能力を無理なく最大限に引き出すことができます。

エー★スターキッズの特徴

「自分に自信を持ち、のびのびと自己を発揮できるお子様」育成のため
お子様の未来を育てる3つのポイント

  • 1.自己肯定感のある子を育てる
  • 2.子供の持っている自立心を応援
  • 3.親御さんと一緒に子育てをサポート
  • ♦親子の触れ合いや共通の話題が増える環境
  • ♦「少人数制」できめの細かいサポート
  • ♦たくさんのスタッフと関わることができ、
    コミュニケーション力アップ

お子様の「できた!」を、親御さんだけでなく講師やお友達など、沢山の人と共有し、お子様が自信をつけられる空間作りを心がけています。
またスタッフの数も多く、お友達や先生との実践的な関わりの中で、お子様のコミュニケーション力もアップしていきます。

  • ♦「見る力」・「聞く力」を伸ばし、自ら学ぶ環境
  • ♦「臨界期」を意識したプログラム
  • ♦お子様の興味に合わせたペースでのクラスアップ
    制度(できること+1のチャレンジ)

お子様は本来、自分で自分を成長させる力を持っており、教室ではその自立心を応援できる環境づくりを心掛けています。
クラス設定は基本、月齢を目安としてお子様の興味に合わせてクラスアップをしていきます。無理強いではなく、お友達やお見本を見て学ぶことで、自発的なやる気を引き出し、自然に成長を促します。

  • ♦保育現場を経験している「保育士」がサポート
  • ♦『個人面談』『成長レポート』など、
    お子様の成長を一緒に確認・共有
  • ♦スタッフ間の情報共有を徹底

子育ては、お子様と過ごす時間の多いお母さんの声掛けや導きが鍵となるため、知識や経験のあるスタッフがそのお手伝いをしつつ、スタッフ全員でその成長を見守っていけるよう心掛けています。
また、毎回のスタッフミーティングでお子様の情報共有もしっかり行いますので、安心です。

一度体験してみたい方はこちらからお申込みいただけます。